綾瀬はるか:その映画とドラマ(ファンタジー系6選)

女優

ちょっとした出だし

近頃、女優の映画&TVドラマシリーズを連続して書いてきている。邦画の女優を現在は中心に書き始めている。書いていて、それぞれの映画やテレビドラマを想い出すと、その女優の持っている方向性の持つ映画が多いことに気づく。当たり前のことだろうが、前回記載した吉高由里子などは、「ゆりごころ」で殺人犯の役をやるなど演技の幅を広げているなど、自分探しの旅に出ている女優も多い。

その点、綾瀬はるかであるが、一貫して、そういうことはない。彼女が今のところ、歩んでいる道は、マジに、正統派な美人女優の歩む道で、ギャグ系はあるものの、汚れ役や悪役はない。

そうなのである。昔の日本映画にいた原節子や酒井和歌子などの正統派女優の道を歩んでいるのだ。何故か、一言で言えば、合わないのだ。もっと言えば、その手の難しい役は向いていないのだ。天然が多分邪魔をするのだ。そして、そういう役をして欲しくもない。あの大きな胸をしているのだからといって、ワルなソープ嬢で男を破滅させしていくような役はあり得ない。

そうなのである。そこが、何故か、同じように隠れ胸キュンである上戸彩とも違うのである。上戸彩は、その存在自体が、少しグレテイルコギャルを演じても問題はなかったのである。

だから、今、正統派で居続けていくであろう綾瀬はるかを振り返ってみることにした。出演している映画・TVは多いので、何回かに分けて、みていこうと思っている。

自分の好き度をメーターにして、順位をつけてみよう。今回は分野をファンタジー系映画・ドラマ編にして、6作品を選んでみたよ。

第6位:鹿男あをによし

全く持って、個人的に好きだったテレビドラマなのじゃ。主人公の玉木宏と同じ下宿に住み同じ学校の歴史教師であり剣道部の顧問役なのだ。このドラマは万城目学のファンタジー小説のドラマ化であるので、大変面白いのだ。

鹿男あをによし綾瀬はるか に対する画像結果
鹿男あをによし綾瀬はるか に対する画像結果

綾瀬はるかのこの時の役はヒロインとまではいかないが、初々しかったなあ。なんといっても、ドラマの内容が良かった。歴史が大好きな人間にとっては最高の作品なのではないだろうか。奈良の美しい風景、鹿との不思議且つ面白いやりとり、それを取り巻く人間模様。登場人物たちすべてが魅力的でありました。個人的には、姉妹女子高数学教師の柴本幸も好きでしたね。

Amazon | 鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版 -TVドラマ
玉木 宏, 綾瀬はるか, 多部未華子, 佐々木蔵之介, 児玉清 海外TVドラマ、日本のTVドラマのDVD・Blu-rayをオンライン通販アマゾンで予約・購入。
限りある地球の自然を守るため、愚かな人間たちのため、愛する人のため、”神々の使い”である動物たちと、ある儀式により”神に選ばれし普通の人間たち”が、 古の都に隣接する学校を舞台に繰り広げる、1800年もの歴史を越えた真面目で笑える不思議な物語 。鹿に”印”をつけら れることによって”鹿男” ?になってしまう主人公”おれ”を演じる玉木宏と、”鹿男”のパートナーとして数々の難題をクリアする “藤原君”の綾瀬はるかが贈る、ファンタジックコメディー。

第5位:プリンセス トヨトミ

プリンセス トヨトミ | プリンセス トヨトミ if you know accounting, half part of this movie is really interesting.

この万城目学のファンタジー小説絡みでいけば、綾瀬はるかの作品では、この映画になろう。鹿男が2008年公開で、プリンセストヨトミが2011年公開だから、3年後の話だ。会計検査院の調査官である綾瀬はるかが大阪を走る。その走りが胸と連動して、大変話題(?)になった映画である。

プリンセストヨトミ綾瀬はるか に対する画像結果

走るぞ、揺れるぞ、大阪が、綾瀬はるかが。


ベストセラー作家・万城目学の同名ベストセラーを映画化したファンタジー・ムービー。3人の会計検査院の調査官が大阪を訪れる。この地で脈々と守り継がれてきた驚くべき秘密を彼らが目の当たりにしていくさまを、壮大なスケールで描いていく。国の予算が正しく使われているかを調べる会計検査院の調査官たち3人が大阪にやってくる。“鬼の松平”の異名を持つ超エリート松平元(堤真一)と、その部下“ミラクル鳥居”こと鳥居忠子(綾瀬はるか)、クールな仏ハーフのイケメン新人エリート、旭ゲンズブール(岡田将生)。調査対象を順調にこなしてきた彼らは、次の調査のため空堀商店街へと向かい、そして、財団法人“OJO(大阪城趾整備機構)”の調査を開始する。それは、何の問題もなく簡単に終了するかに思われたが…。

第4位:本能寺ホテル

ということは、この連続になってしまうわけで、「プリンセス トヨトミ」の鈴木雅之監督と堤真一と綾瀬はるかのトリオでタッグを組んで6年後の2017年に公開された映画が、「本能寺ホテル」なのであった。ファンタジー的SF的映画やドラマの3連荘の繋がりであります。

本能寺ホテル 映画 に対する画像結果

かように、綾瀬はるかは、このような夢見がちな面白い作品のヒロインに抜擢されるのであります。多分、本人の頭の中が、きっと、ファンタジーだからでしょう。

本能寺ホテル 映画 に対する画像結果
本能寺ホテル 映画 に対する画像結果

今回も。綾瀬はるかは、お決まりのように、走る。揺れる。


倉本繭子(綾瀬はるか)は、ふとしたきっかけで京都の路地裏に佇むレトロな宿“本能寺ホテル”に宿泊する事に。なんとそこは戦国時代に繋がる不思議なホテルだった。一方、時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は森蘭丸(濱田岳)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、見慣れない格好の女(繭子)が一人、寺に迷い込んでくる。その女は、400年後の世界からやってきた現代人。繭子は自身も訳のわからぬまま、信長と京都の町を見物するなど、交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき――。(C)2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ

第3位:精霊の守り人

精霊の守り人 ドラマ に対する画像結果

こんな感じで、ファンタジーで来られてしまうと、どうすんの、綾瀬はるかの次はとなるが、やはり、次は、大河ファンタジーにいかざるを得ないか。そうだろうな、そういう流れだよな。綾瀬はるか=ファンタジーなのだ。お花畑なのだよ。NHKの大河ファンタジードラマの「精霊の守り人」に行き着くかな。

精霊の守り人 ドラマ に対する画像結果
精霊の守り人 ドラマ に対する画像結果

なんてたって、綾瀬はるかは、女ボディガードですから。

女用心棒のバルサは新ヨゴ国の王子チャグムが川に転落したところへ通りかかり、命を救った。宮殿に連れて行かれたバルサは、妃から「王子を連れて逃げてほしい」と頼まれる。チャグムには精霊の卵が宿ったが、その精霊は悪しき魔物と言われており、帝から暗殺されようとしていると言うのだ。やむなくチャグムを連れて逃亡するバルサ。王宮からは刺客が放たれ、一方、異界の魔物もまた、王子に宿る卵を狙っていた。バルサは闘い、生きる厳しさと身を守る術をチャグムに教えていく。やがて、精霊と交信できる呪術師たちの協力を得て、精霊の真の姿が分かってくる。卵が孵化する時期が迫っていた。いつまでも逃げているわけにはいかない。バルサたちはついに、刺客と魔物との決戦の時を迎える…!
2016年3月・4月 NHK総合にて放送

第2位:秘密のアッコちゃん

ひみつのアッコちゃん 映画 に対する画像結果

ここまで、ファンタジーが続くのなら、やはり、ファンタジーのレジェンドである「秘密のアッコちゃん」に登場してもらおうではないか。2012年の公開作品。ドジ系の明るさ楽天系ラッキーガールを演じさせたなら、綾瀬はるかだろう。

ひみつのアッコちゃん 映画 に対する画像結果

本当に、ファンタジー系ラブコメ系ドラマには欠かせないな。

ひみつのアッコちゃん 映画 に対する画像結果

今回は、揺れずに、走らずに、倒れまくるか?うーん、きっと、そのままの綾瀬はるかの自然体なのかな。


アッコは22歳の女のコ。ある日化粧品会社のエリート社員、尚人にスカウトされ、同じ会社でアルバイトすることに。やがて二人に芽生えたほのかな恋心…。しかし、アッコには誰にも言えない秘密があった。実は彼女は、魔法のコンパクトでオトナに変身した小学生!もしこの秘密がバレたら、二度と元の世界には戻れない。大切な恋も終わってしまう…。(C)赤塚不二夫/2012「映画 ひみつのアッコちゃん」製作委員会

第1位:今夜、ロマンス劇場で

今夜ロマンス劇場で映画 に対する画像結果

ファンタジー系映画の中では、最後に、第1位に、「今夜、ロマンス劇場で」を持ってきましたです。

今夜ロマンス劇場で映画 に対する画像結果

俳優も、坂口健太郎から加藤剛で良き役者をバックに、それこそ、昭和初期時代からの麗しき女優のあり方を描いたような作品で、映画大好きオマージュに溢れているし、文句なしのファンタジー系の第1位に選びましたよ。

今夜ロマンス劇場で映画 に対する画像結果

なんてたって、温かい感じが作品全体に溢れていたから。

今夜ロマンス劇場で映画 に対する画像結果

お姫様・お嬢様としての綾瀬はるかも何故か面白い。

Amazon | 今夜、ロマンス劇場で DVD豪華版 | 映画
綾瀬はるか, 坂口健太郎 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。
映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)が密かに想いを寄せるのは、通い慣れた映画館・ロマン
ス劇場の映写室で見つけた古いモノクロ映画のお姫様・美雪(綾瀬はるか)。今は誰も見なくなったその映画を、毎日のようにくり返し見ていた健司の前に、ある日奇跡が起きる。美雪が健司の目の前に突然現れたのだ。その日から2人の不思議な同居生活が始まった。モノクロの世界しか知らない美雪にカラフルな現実世界を案内する健司。同じ時間を過ごす中で、2人は次第に惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。現実の世界に来るための代償で、人のぬくもりに触れたら美雪は消えてしまうのだ。そんな中、美雪は映画会社の社長令嬢・塔子(本田翼)が健司に想いを寄せていることを知る。好きだから触れたい、でも触れられない……。
この切ない真実に2人はどう向き合い、どんな答えを出すのか――

コメント

タイトルとURLをコピーしました