小説

小説家からハードボイルドを探すのだ

伊予原新

お台場アイランドベイビー:伊予原新

面白い小説と出会える時がある。それは、未来予知能力のある作家の作品。伊予原新の『お台場アイランドベイビー』。第30回横溝正史ミステリ大賞受賞。何故、この作家は未来を予想できたのか?泣けるクライシスエンタメ。
川上弘美

センセイの鞄:川上弘美

川上弘美の小説は良い。どこかに、ファンタジーが流れて、どこかに、理系的な考えが流れていたりするからか。表現が軽い感じなのに、真理っぽさが裏に流れているので、惚れ惚れする。今回は、センセイの鞄。秋の夜長に日本酒を傾けて。
2020.10.16
J.D.サリンジャー

庄司薫について考える①:赤頭巾ちゃん、気をつけて

庄司薫。彼は確か青春4部作の小説群を書いた後、何故か、ぷっつりと小説を書かなくなり表舞台から消えた。その理由は何か。村上春樹との関係はどうなのか。青春小説の作家は何故突然筆を折るか?
小説

鳥獣戯画:磯崎憲一郎

久しぶりに、面白い小説と小説家に出会った。磯崎憲一郎の『鳥獣戯画』だ。この小説は、その長回しセリフ文章のリズム感と何処へでも行ける自分ルーツ探しに一番の特徴がある。生きている自分整理には格好の作品だ。一度読むことを勧める。
小松菜奈

夢を与える:小松菜奈

芸能界という世界。三浦春馬、芦名星と悲報が続き、その世界の裏と表の難しさを感じる近頃。「夢を与える」。このドラマは、その世界の内幕の一部を表現したものと言える。小松菜奈の演技が素晴らしい。涙シーン必見。
俳優

リリー・フランキーには負けたよ。

リリー・フランキー。既にこの男、役者として確立。このイラストレーターは多くの仕事やパフォーマンスをしているが、存在自体が凄い。特に、悪役をさせると素晴らしい役者だ。凶悪,美しい星,二重生活,シェル・コレクター。
池澤夏樹

スティル・ライフ:池澤夏樹

池澤夏樹の小説、『スティル・ライフ』。ぼくと佐々井の二人の男の話。それは、佐々井の理系的な宇宙の話からぼくの科学的な見方。とても、新鮮に、スティルな静かな叙情的な二人の関係がある。文学と科学の融和。面白い小説を見つけた。
サミュエル・L・ジャクソン

超能力者は存在するか?

超能力者は存在するか?結論から言えば、存在すると考えたい。映画や漫画のレベルではないが、通常の人の能力を超えた人がいるはず。超の世界ではない気もするが。ミスター・ガラス,ジャンパー,クロニクル,超能力者,ストレイヤーズ・クロニクル,MONSTERZ→超能力者映画。
三吉彩花

伊藤健太郎研究その13:十二単衣を着た悪魔

「伊藤健太郎研究その13」は彼が主演の『十二単衣を着た悪魔』。ついに予告解禁になったようなので、そのあたりを少しだけトレースします。女性の活躍と翻弄される系伊藤健太郎の味と進化。心配は公開のこと。伊勢谷友介の出演。
2020.09.20
ヒューマンドラマ

宇宙でいちばんあかるい屋根

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』が9月に公開される。この現代のお伽話的映画は多分かなり面白いし、心に染みるはず。何故なら、原作小説がマジで、面白いので。星ばあ語録を現代の名言として載せました。それと伊藤健太郎出演も。清原果耶の主題歌も良い。
女優

清原果那の主演映画

NHKの来年の朝ドラの主人公に選ばれた『清原果那』について、若いけれど、その映画人生をみておこう。今回は、彼女の主演系の映画です。宇宙でいちばんあかるい屋根・まともじゃないのは君も一緒・愛唄 -約束のナクヒト-の3本です。
2020.08.22
小説

佐藤正午ハードボイルドライフ

佐藤正午の小説が結構面白い。ダメ男を書かせたら、一級品だな。輪廻転生の物語の面白さ。月の満ち欠け。5。鳩の撃退法。輪廻転生。そして、永遠の1/2。
小説

村上春樹の猫好き

小説家村上春樹の猫に関する記述を追ってみる。彼の猫好きを検証する。海辺のカフカ うずまき猫の見つけかた 村上ラヂオ ふわふわ等の小説やエッセイを辿ってみる。
SF映画

川口春奈:9月の恋と出会うまで

考え尽くすことが最良の意思決定に繋がるということを教えてくれていのかもしれない。「9月の恋と出会うまで」は。タイムパラッドクスの小説が漫画となり、最後は映画になったもの。川口春奈の良さが全開しているかな。女優としてのキャリアが意外と長いが、ここにきて、かなり急上昇中。
2020.05.13
小説

幽霊たちーポール・オースターの世界

ポール・オースターのこの奇妙なミステリー作品「幽霊たち」は、突きつめていけば、自分を知るという人間の根源的な古来からある質問に答えを出そうとしているものだろうか?人間心理を知る上で、大変勉強になる作品です。推し本であります。
ハードボイルドなセリフ

ジェイズバーは何処?

自分の中で、心からゆっくりとできるジェイズバーは皆さんにありますか?そこには、どんな友人が待っていますか?酒を飲むということも、俺の中にあるガラクタ物の1つなのだ。村上春樹の「国境の南、太陽の西」の中に出てくる主人公の僕が経営しているジャズバーも良かった。
SF映画

パラレルワールド・ラブストーリー

パラレルワールド。脳に刺激を与えて別の記憶を作るという発想は面白いので、それはそれで、さすが、東野圭吾、理系的分野のニッチな、しかし、衝撃的な分野を攻めてくるねぇという感じですね。そこを中心に見ていくと、この映画、面白い出来ではないでしょうか?周りがそれほど言う世界ではないと私は思います。
2020.04.23
ハードボイルドな映画

煙草とハードボイルド

煙草とハードボイルド小説や映画とは切っても切れない間柄。そこらへんを抽出してみようではないか。ハードボイルド小説の探偵は、タバコがないと、やっていけないようだ。だが、クールに、カッコいい。それだけの話だ。
タイトルとURLをコピーしました