俳優

個別の役者を探索する

ヒューマンドラマ

妻に捧げた1778話

妻をどう愛していくか。夫婦の在り方とは。小説家なりの愛情の仕方。眉村卓の『妻に捧げた1778話』。草彅剛と竹内結子の映画『僕と妻の1778の物語』。
めぞん一刻

何故、今、めぞん一刻か

何故、今、めぞん一刻か。実は、前を向く再生の物語。決してギャグでは済まされない、人が生きていくための哲学や方法が閉じ込められた凄い作品である。音無響子、五代裕作、音無老人にみる再生の物語。
吉田修一

続:横道世之介

誰の人生にも温かな光を指す横道世之介。愛すべき押しの弱さと隠された芯の強さ。貴方の世界にも、横道世之介はいますか?
コメディ映画

変態仮面:今、笑いを求めるなら②

アホの最頂点を行く福田雄一作品群。その中でも一際光るアホの頂点を極めたのが、『HK 変態仮面』と『HK 変態仮面アブノーマル・クライシス』であろう。ここまでくると凄い。鈴木亮平も凄い。今年を笑い飛ばせよ。
戸田恵梨香

エープリルフールズ:おめでとう松阪桃李と戸田恵梨香

おめでとう!松阪桃李と戸田恵梨香。二人の出逢いの映画『エープリルフールズ』。この映画を再見すると、気付くところ、一杯あるね。
石田ゆり子

マチネの終わりに

少しだけ、大人の恋愛映画を観て癒されること。『マチネの終わりに』。福山雅治・石田ゆり子・桜井ユキ。クラシックギターで奏でる『幸福の銀貨』。
伊藤健太郎

伊藤健太郎研究その18:今後という未来の絵図

伊藤健太郎へのバッシングが止まない。彼の今後の俳優人生について考えてみた。
伊藤健太郎

伊藤健太郎研究その17:糾弾の向こうに

伊藤健太郎研究その17。糾弾の向こう側。人を糾弾する時に思うこと。
小芝風花

小芝風花の映画

今、活躍中である若手女優の『小芝風花』がかなり気になる。そんな彼女の主演映画をみておく。映画だけをみても、コメディエンヌでもある彼女のカメレオン的女優たる所以がわかる感じです。
アル・パチーノ

ミッドナイト・ガイズ

面白い映画と出会う。『ミッドナイト・ガイズ』。アル・パチーノ、クリストファー・ウォーケン、アラン・アーキンのアカデミー賞3大俳優が出演。シニアになった名優達の男の矜持溢れるハードボイルド映画。必見。
吉沢亮

一度死んでみた:今笑いを求めるなら

映画に笑いを求めるのなら、今一番面白いのはこの作品だ。『一度死んでみた』。広瀬すずと堤真一のW主演映画。吉沢亮、リリーフランキー他豪華俳優陣の多数出演コメディ。一度笑ってみたら。
岩井俊二

ラストレター

心の温まる静かだがとても意味のある映画に出会えた。それは、岩井俊二監督の『ラストレター』。初恋と月日の移り変わりとラブレターと人生の意味と。ロマンティックな映画があっても良いね。広瀬すずと森七菜の演技良。
伊藤健太郎

伊藤健太郎研究16:ひとって こわいね(詠み人知らず)

伊藤健太郎研究16:「ひとって こわいね(詠み人知らず)」を書き記しておきます。
伊藤健太郎

伊藤健太郎研究その15:稀有で有為な役者に思うこと

伊藤健太郎研究その15 。今回の事件で。伊藤健太郎という稀有で有為な役者に思うこと。
サスペンス映画

スマホを落としただけなのに~囚われの殺人鬼

『スマホを落としただけなのに~囚われの殺人鬼』は前作よりも、更に面白くなっている。際立ったサイコパス犯罪者の成田陵。肉感的でエチな白石麻衣。新しい刑事像千葉雄大。面白いサスペンス映画の登場だ。
吉高由里子

「君の瞳が問いかけている」を本で読もう

公開されている映画『君の瞳が問いかけている』については、2つの文庫本が小説として出ている。横浜流星と吉高由里子最高の純愛映画。文庫本も揃えておくのも良し。
テレビドラマ

伊藤健太郎研究その14:東京ラブストーリー

東京ラブストーリー2020。カンチ役の伊藤健太郎は、「普通OF普通」を全面に演じられる唯一無二の存在。普通にそこら辺にいそうな青年なのに、何故か、こういう人は絶対いないという不思議な存在。分るかな?清原翔も気になる。
竹内結子

竹内結子と阿部サダヲの笑顔:なくもんか

阿部サダヲと竹内結子の映画。『なくもんか』。人の幸せは、笑顔でいることから始まるんだよ。嫌なヤツも笑い飛ばしてしまえ。クドカンの脚本。落ち込むことがあったら、是非観てね。
タイトルとURLをコピーしました