映画のフィギュア大好き:キアヌ・リーヴス編

キアヌ・リーブス

映画の主人公のフィギュアが大好き。というか、俳優が好きかもしれないけど。結構、集めている。好きな映画の主人公は、近くにおいて、何気に眺めていたいからね。

そうなので、幾つか、気になるものを紹介していこうね。今回は、キアヌ・リーヴスのフィギュアに集中しようではないか。

画像をクリックすれば、商品に辿り着きます。

キアヌ・リーヴス映画関連

なんてたって、映画俳優で気になるっていえば、キアヌ・リーヴスだろう。公私にわたって、良い人として有名なキアヌは、どう考えても、一番気になるフィギュアに違いないね。

ジョン・ウィック系フィギュア

正直言って、映画『ジョン・ウィック』シリーズは、キアヌ・リーヴスの映画の中では、最高のシリーズものだね。そこには、男の哀愁が漂っているし、スタイリッシュだ。アクションも展開も激しく早く良い。ジョン・ウィックこそ、近くに置いておきたい最高のフィギュアだね。

映画『ジョン・ウィック』では、どのシリーズでも犬を愛するキアヌ・リーヴス。これは本当に絵になるね。最高の組み合わせ。

『ジョン・ウィック』でのキアヌ・リーヴスのスーツ姿は圧巻だった。暗殺に向かうキアヌは常に最高のスーツを仕立て、それを着る。結果、どんなに汚れても、彼のスタイルはスーツだ。

銃とマシンガン。ジョン・ウィックは殺す相手が無尽蔵だ。ブラックスーツに多くの銃を備える。そして、ナイフも。

マトリックス系フィギュア

キアヌ・リーヴスは多くのSF映画に出演をしているが、その中でも群を抜いて面白かったのは、この『マトリックス』だ。

「今生きているこの世界は、もしかしたら夢なのではないか」という漠然とした不安を持つプログラマーのネオであるキアヌ・リーヴス。

「あなたが生きているこの世界は、コンピュータによって作られた仮想現実だ」と告げられ、このまま仮想現実で生きるか、現実の世界で目覚めるかの選択を迫られることから、話は始まる。

大変面白い設定のSF映画だ。現実の世界はコンピューターの反乱で人間社会は崩壊していたというこの発想は素晴らしい。

仮想世界と現実世界の2つを行き来しながらの、人類とコンピューターの争い。今までになかったアクションも人気を呼んだ。

ヒットして、マトリックスはシリーズものとして、3本も作成されたのだ。

ぼっちのキアヌ・リーヴス

ひとりぼっちのキアヌ・リーヴスってのは、有名だね。そのフィギュアさえ出ているのだ。

気取らない、ありのままの自然の姿のキアヌ・リーヴス。とても素敵な姿だ。こういうところにしびれているファンも多い。

街で座っている人をよく見たらキアヌ・リーヴスだった瞬間9連発 - FRONTROW
出典:front-row.jp

彼の新しいジョン・ウィックやマトリックスの映画がこれからやって来る。当分、キアヌ・リーヴスから目が離せないな。

貴重なキアヌ・リーヴスのサイン入り写真まであった。これは将来値が更に上がるね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました