面白い映画

面白い映画を探す。

テレビドラマ

HAND OF GOD:面白いドラマと顔の美醜

俳優ロン・パールマンに注目。この個性的な顔の持ち主が主人公のドラマ『HAND OF GOD』は面白い。そして、彼の映画『ヘルボーイ』『殺し屋』もお薦め。顔の美醜を考えさせてくれたね。
サスペンス映画

小松菜奈は最初から凄かった:渇き。

『渇き。』小松菜奈は、映画に始めて登場した時から、凄かった。悪女・聖女・神秘・狂気の全てを網羅できる存在。オソロシイ。役所広司・妻夫木聡・オダギリジョー・中谷美紀、俳優全て狂気に彩られた。
小松菜奈

恋する寄生虫:小松菜奈

斬新な題名の映画。『恋する寄生虫』。小松菜奈と林遣都がW主演する。一番良いのは映画を何の予習もなく観ること。で、敢えて、必要以上に述べない。人の心はどこにあるのかをテーマにしたドラマ。
女優

孤狼の血LEVEL2と鳩の撃退法:女優西野七瀬

女優、西野七瀬に注目。近頃の彼女は、汚れ役でも何でも、演じられる。孤狼の血LEVEL2といい、鳩の撃退法といい。漢どものむくつけき世界の中で、彼女の存在には光が。西野七瀬、面白い女優になること、間違いなし。
サスペンス映画

鳩の撃退法

映画『鳩の撃退法』は佐藤正午小説を具現化してくれたぞ。藤原竜也のグズ男津田伸一も西野七瀬のヌモトも良かったし。リアルとフェイク、現実とフィクションが交錯して、サスペンスフルな世界を魅せてくれたぞ。
ヒューマンドラマ

ムーンライト・シャドウ:小松菜奈

愛する人との出会い、そして永遠の別れ。味わったことのない孤独、底なしの喪失感。そこから再生することを描き出した映画。『ムーンライト・シャドウ 』。原作は吉本ばなな。小松菜奈と宮沢氷魚。素晴らしい役者の映画がやって来る。
彼女について知ることのすべて

彼女について知ることのすべて:佐藤正午小説の映画

佐藤正午小説映画化について。今回は、『彼女について知ることのすべて』。この小説もダメ男ハードボイルド小説って呼んでも良いかもしれない。だから、彼の小説は面白い。映画も昭和ノワール邦画だ。
横浜流星

横浜流星演じるギャンブラー:嘘喰い

迫稔雄の人気漫画「嘘喰い」の映画化が決まった。公開来年2月。主演は横浜流星。主人公斑目貘を彼は演じきれるか?凄すぎるギャンブル&暴力系ストーリー。新しい横浜流星に期待。そして、彼の予告発売のパーソナルブック。『流々自適』。
ジャンプ

ジャンプ:佐藤正午小説の映画

佐藤正午の小説は、結構、映画化されているのだった。この夏に、『鳩の撃退法』が公開。その前に、佐藤正午小説映画化で面白かったのは、原田泰造主演の『ジャンプ』。小説を読むか映画を観るか、この暑い夏にお薦めする。
ノワール映画

名も無き世界のエンドロール

面白い「ノワール邦画」だ。岩田剛典と新田真剣佑がW主演する『名も無き世界のエンドロール』。イケメン二人を観るのも良しだし彼ら二人の役柄を感じるのも良し。お薦め映画である。
アル・パチーノ

ミッドナイト・ガイズ

面白い映画と出会う。『ミッドナイト・ガイズ』。アル・パチーノ、クリストファー・ウォーケン、アラン・アーキンのアカデミー賞3大俳優が出演。シニアになった名優達の男の矜持溢れるハードボイルド映画。必見。
映画

パラサイト

映画『パラサイト~半地下の家族』。アカデミー賞・パルムドール賞受賞のポン・ジュノ監督の気になる作品。その評価は意外と二分する。どちらが正しいか。観るしか答えは出てこない。
イエスマン

YESの持つ意味:ジム・キャリーの映画

ジム・キャリーの「イエスマン」は単なる喜劇系映画ではなく、YESという姿勢でいることの自己肯定感を教えてくれる面白いし教養の溢れた映画だったのである。必見の価値あり。YES的ノウハウ本にも出合う。
ビル・マーレイ

オジサンは行く:ビル・マーレイ編

ビル・マーレイ。ゴーストバスターズのコメディ俳優。彼のオジサンの極みが観れる映画は4本。『オン・ザ・ロック』『ロスト・イン・トランスレーション』『デッド・ドント・ダイ』『ヴィンセントが教えてくれたこと』。
多部未華子

多部未華子:空に住む

素敵な面白い映画がやってきた。主演は多部未華子。『空に住む』。「喪失と再生」の物語。人は人によってしか救われない。その当たり前のコンセプトをとても大事に繊細に扱った青山真治監督作品。その癒しの中に、オジサン達がいる。
2020.09.20
三吉彩花

伊藤健太郎研究その13:十二単衣を着た悪魔

「伊藤健太郎研究その13」は彼が主演の『十二単衣を着た悪魔』。ついに予告解禁になったようなので、そのあたりを少しだけトレースします。女性の活躍と翻弄される系伊藤健太郎の味と進化。心配は公開のこと。伊勢谷友介の出演。
2020.09.20
高杉真宙

高杉真宙の気になる映画(その2編)

気になる役者である『高杉真宙』の映画に注目する、2回目の記事。高杉真宙。ナカナカの不思議な存在感があって、面白い。映画は、『カルテット!』・『見えない目撃者』・『前田建設ファンタジー営業部』の3本である。
2020.09.21
高杉真宙

高杉真宙の気になる映画(その1編)

近頃、高杉真宙が気になる。この若手俳優も大変良い演技をして、静かで地味な感じがあるも、光を放ってきている。そこで、彼の出演映画をみていくことにしたい。今回は、ぼんとリンちゃん・想影・逆光の頃の3本だ。
2020.09.21
タイトルとURLをコピーしました