キアヌ・リーブス

面白い映画・小説・漫画ハードボイルドライフ

映画や小説や漫画というエンターテインメントの世界における面白いものを徹底的に探した。そして発見した作品のエッセンスを記事にした。特に、ハードボイルドな作品は確実に押さえるようにした。その作品を通じて、人生のプラスになる要素を感じ取ってもらいたい。
リリーフランキー

リリー・フランキー研究

色気のあるリリー・フランキー先生。エロ話から人生のすべてが見えてくる! 仕事、セックス、男と女…世の中の悩みは数あれど、すべての原点はエロにあり(?)。エッチを哲学に、リリー・フランキー氏が他人の悩みに答える。
2020.05.05
俳優

ナタリー・ポートマン健在ハードボイルドライフ

ナタリーポートマンの美しさに乾杯。レオンのマチルダから、どのくらい時間が流れたか?
2020.01.13
俳優

武士の生き方

武士道の良さ。映画「散り椿」での武士の友情と矜持。武士道に学ぶことは多い。武士道は、ハードボイルドだ。
スティーブン・キング

ショーシャンクの空に

連休中に、癒しの映画を2つ観た。「ショーシャンクの空に」と「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」だ。休みはまったりと、癒し系の映画を観て、ほっこりするのだ。
2020.01.13
漫画

漫画アクションもの全盛

ドンケツ、バイオレンスアクション、ファブルと、今、漫画のアクションものが面白いぞ。
俳優

リリー・フランキーには負けたよ。

リリー・フランキー。既にこの男、役者として確立。このイラストレーターは多くの仕事やパフォーマンスをしているが、存在自体が凄い。特に、悪役をさせると素晴らしい役者だ。
2020.05.05
俳優

小松菜奈はハードボイルドな女神

どうしても、小松菜奈は女優だが、俺のハードボイルドな世界に入ってくる凄い人だ。どの映画を観ても、半端じゃない存在感。そして、群れない姿勢。絵になる。「恋は雨上がりのように」で見せたアスリートなスタンス。走る姿の美しいこと。感動モノです。
2020.03.20
ハードボイルドな音楽

平手友梨奈1本!!

欅坂46の中でもセンターで、中学生の時から、歌・パフォーマンスを始めとして、このグループのシンボルとして活躍してきた平手友梨奈は、極めて、ハードボイルドの存在だ。私の中では、小松菜奈と同格の絶対的なエースだ。
スティーブン・キング

超能力者は存在するか?

ミスター・ガラス 今日は、「ミスター・ガラス(Glass)」と「スマホを落としただけなのに」(引用:映画『スマホを落としただけなのに』公式サイト出典)を観る。北川景子は響では編集者として、スマホでは主人公として、連続...
マネー

ハードボイルドな男のお金

ハードボイルドな探偵は絶対に金に媚びない。従わない。無視をする。ルール通りの金しか要求しない。むしろ、少額の金でしか動かないようなところがある。万年、貧乏であるにもか関わらずに。そこに、俺達ファンはハードボイルド探偵の男の矜持を感じるのだ。そこが俺達が好きなところなのだ。
俳優

ハゲ的俳優の傾向と分類③髭ありスキンヘッド系

髭ありスキンヘッド系俳優 前回の「ハゲ的俳優の傾向と分類②」で完全ハゲ第1分類としての「スキンヘッドハゲ系」を論じた。そして、それは、ブルース・ウィルスやヴィン・ディーゼルといった「髭なしスキンヘッドハゲ系」について、検証した。...
俳優

悪女ハードボイルド

映画が結構面白いのは、悪女が出た時だ。これは結構、結末が読めないので、俺達をワクワクさせる。悪女系映画は、間違いなく、ヒットする。悪女いるといないとでは、映画のキレ味が全く違う。 例えば、洋画では、「白いドレスの女」のキャスリーン・ターナー...
映画

平成31年の映画・小説・漫画&ハードボイルドライフ

アーカイブとしての俺のブログ。平成31年の期間と言うのは、意外に、4か月しかないのだった。
2020.06.06
映画

平成30年の映画・小説・漫画&ハードボイルドライフ

アーカイブとしての平成30年の俺のブログ。日記のようだな。画像は全て外した。
2020.01.06
タイトルとURLをコピーしました