香取慎吾の凪待ち

ヒューマンドラマ

シンゴちゃんは、しっかりと生きていた。それも、かなりのレベルのアンダーグラウンドさでだ。むしろ、感激かもしれない。今、悪人を撮らせたら、最高の監督は誰がなんと言っても、白石和彌監督だろう。慎吾ちゃんがついに悪の方向へ行ったのだ。これはナカナカ凄いことだぞ。新しい慎吾俳優の誕生だ。万歳。

香取慎吾の演技は、リリー・フランキーの演技を超えていたんではないかい?それくらいのギャンブル破綻者のろくでなしを体現していた感じだ。

3/3 Blu-ray&DVD発売!『凪待ち』公式サイト
2020/3/3 Blu-ray&DVD発売決定!『孤狼の血』白石和彌監督と『人類資金』香取慎吾が挑む、ギャンブル依存症の男の<暴力と狂気>を描く衝撃作。彼女を殺したのは誰だ――?恋人を殺され、どん底で生きる男に、容赦ない絶望が襲い掛かる。

映画.COMの評価

孤狼の血」の白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えて描くヒューマンサスペンス。「クライマーズ・ハイ」の加藤正人が脚本を手がけ、人生につまずき落ちぶれた男の喪失と再生を描く。「くちびるに歌を」の恒松祐里が美波、「ナビィの恋」の西田尚美が亜弓、「万引き家族」のリリー・フランキーが小野寺を演じる。

本作の香取慎吾、「半世界」の稲垣吾郎もそうだが、元SMAPの彼らはいわゆるガテン系のキャラクターに扮することで、セルフイメージを壊して演技の幅を広げようとしている。白石監督と香取それぞれの新境地を志向して挑戦する姿勢が合致し、意欲的な社会派ドラマと相成った。

ろくでなし

えりつぃん❣️❣️❣️❣️ on Twitter: "いや確かに凪待ち中の慎吾は色気半端なかった…な…(ポニョってるけど←)… "

香取演じる木野本郁男は、日々を無為に過ごす競輪ギャンブル依存症の男。人生をやり直すために、恋人・亜弓(西田尚美)の故郷である石巻へ移り住み、人生の“再生”を試みるも、小さな綻びが積み重なり、なかなか思うようにいかない。香取は映画の中で、「俺はどうしようもないろくでなしです」と独白し、強い憤りのなか、もがき苦しむ人間臭い男を演じた。ただただ、落ちていく男に徹した。周りは初めての新境地の役だと評価するも、本人は全く、その意識がないらしい。

『凪待ち』香取慎吾 単独インタビュー - インタビュー - Yahoo!映画
『凪待ち』香取慎吾 単独インタビュー

あらすじ

Amazon | 凪待ち 通常版 Blu-ray | 映画
香取慎吾, 恒松祐里, 西田尚美, 吉澤健, 音尾琢真, リリー・フランキー, 白石和彌 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

『孤狼の血』白石和彌×『人類資金』香取慎吾が挑む、バイオレンスと絶望、怒りと裏切り、不条理と悲劇、愚か者たちの衝撃のヒューマンサスペンス!

Amazon’s Choice内容紹介

■愚かな者たちの切ない暴力と狂気を描いた映画が誕生!
誰もがその恍惚に陶酔した『孤狼の血』、誰もがその偏愛に涙した『彼女がその名を知らない鳥たち』など日本映画界を担う監督・白石和彌の最新作。主演を務めるのは、『クソ野郎と美しき世界』『人類資金』などエンタテイメントから人間ドラマまで幅広い役柄をこなすだけでなく、オリジナリティ溢れるアートでも才能を発揮しつづける香取慎吾。白石和彌と香取慎吾が初のタッグで挑み、『クライマーズハイ』の加藤正人が脚本を手掛けたオリジナル作品。容赦ない絶望を描いた、魂を破壊する衝撃作!
脇を固めるのは、『くちびるに歌を』『散歩する侵略者』の恒松祐里、映画・ドラマ・モデルと幅広い分野で活躍し、そのライフスタイルも注目され同世代の女性から支持を得ている西田尚美、『龍三と七人の子分たち』や白石組常連の吉澤健、『孤狼の血』など白石組の名バイプレイヤー・音尾琢真、『万引き家族』『そして父になる』など数々の話題作に出演し見事な存在感を放ち続ける俳優リリー・フランキーら、目が離せない面々が揃う。

Amazon’s Choice内容紹介

「無為な毎日を送っていた木野本郁男は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓と彼女の娘・美波とともに亜弓の故郷である石巻に移り住むことに。亜弓の父・勝美は末期がんに冒されながらも漁師を続けており、近所に住む小野寺が世話を焼いていた。人懐っこい小野寺に誘われて飲みに出かけた郁男は、泥酔している中学教師・村上と出会う。彼は亜弓の元夫で、美波の父親だった。ある日、美波は亜弓と衝突して家を飛び出す。亜弓は夜になっても帰って来ない美波を心配してパニックに陥り、激しく罵られた郁男は彼女を車から降ろしてひとりで捜すよう突き放す。その夜遅く、亜弓は遺体となって発見され……。

リリー・フランキーの怖さ

「凪待ち」 [画像ギャラリー 5/8] - 映画ナタリー

今回はそこまで悪人としてのゾクゾクするような怖さを感じさせてこない役だったのかもしれないが、香取慎吾のどうしようもなさの対極にリリー・フランキーの表面的な真面目さを出すことによって、香取の持つどうしようもなさのドロドロ差を出せたのであるから、やはり、リリー・フランキーの存在は大きかったな。相変わらず、目の離せない怪人俳優であることは間違いない。

香取慎吾の世界

コメント

タイトルとURLをコピーしました