陸奥A子はやはり「おとめチック」のレジェンドなのだ

漫画

昭和の時代が生んだ大人気の少女雑誌であった『りぼん』の中でも更に大人気を呼んだのが、陸奥A子である。陸奥A子の作風は「おとめチック」漫画とも呼ばれ、当時のファッションのアイビー・ルックとも一緒になり、その画風が少女達の憧れにもなったのです。否、少女だけでなく、若い男達にも人気であったのです。

陸奥A子フォーエバー
陸奥A子という人気漫画家がいた。レジェンドである。リリー・フランキーも江口寿史も、陸奥A子の漫画を少女漫画における革命と言った。時代の転換期。「おとめちっく」・「かわゆい」旋風を巻き起こした。今読んでも、ほっこりとした気分になれる。

今回は、「『りぼん』おとめチック💛ワールド陸奥A子」(外館恵子編集:河出書房新社)を中心に、陸奥A子の魅力に触れてみよう。

というか、陸奥A子のイラストを観ているだけで、癒されますな。マジで。

『りぼん』おとめチック💛ワールド陸奥A子

江口寿史やリリーフランキーをして、絶賛されている陸奥A子。

江口寿史は、陸奥A子をして、あらゆる面で革命的であったと言う。ふにゃふにゃな落書き風のお絵かき線でマンガを描いているところからして、とても、みずみずしい感じがしたという。それの絵が、そのまま、❝女の子❞感を出してくれていたのだと。癒しがあったとも。

リリーフランキーは、高校生の頃、陸奥A子のマンガを読むために自分で『りぼん』を買っていたのだ。自分の少女マンガ体験って、後にも先にも陸奥A子さんしかないと言っている。陸奥A子はおしゃれな感じがあるし恋愛の優しい話なんだけど、登場人物が男の人も女の人も、人間くさいというか、イキイキしているとも彼は言うのであった。良く判っているのである。

この陸奥A子の作風は、2000年代になり、りぼんを卒業してからの画風に更に色濃く反映している感じがする。ここまでくると、それはもう一筆書き的なシンプルなタッチなものに更に進化しているのである。

そして、それは、少女のマンガから大人の女性の漫画に移行しても、その中心にあるのは、心の優しさや強さなのでありますね。

兎にも角にも、陸奥A子の漫画を見ているだけで、何故か、癒されるのである。これは、とても、大事なことなのだ。本当に。

たそがれ時に見つけたの  Kindle版:¥440

言わずと知れた陸奥A子の基本中の基本的漫画。ココから陸奥A子に入っていくのが普通の推しの姿か。


たそがれ時に見つけたの (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

【心ほっこり恋物語】たそがれ時に見つけた男の子に恋をした松実を中心に、親友のセイコ、本田くん、亀淵くんたちのほほえましい恋模様を描いた青春ストーリー。A子タンのデビュー作「獅子座うまれのあなたさま」を含む初期短編集。 【同時収録】獅子座うまれのあなたさま/金たろうくん/おいしい恋グスリ/わかって下さいお月さま/真夏の夜の夢

出典:たそがれ時に見つけたの(りぼん1974年6月号)
出典:たそがれ時に見つけたの(りぼん1974年6月号)

すこしだけ片想い  Kindle版:¥440

【素っ気ない彼の部屋をたずねてみたら…】大学生の心平クンと遠距離恋愛中の高2の美意子は、74通も手紙を出したのに、やっと届いた返事は超クールな内容! どうしても会いたくなって、彼の下宿先までプチ旅行を試みるけれど…。 【同時収録】いつのまにか春の色/冬の夜空にガラスの円盤/オリオン座から流星にのって


すこしだけ片想い (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)
出典:すこしだけ片想い(りぼん1978年10月号)

冬の夜空にガラスの円盤

「宇宙家族ロビンソン」が好きだった陸奥A子。彼女はラブストーリーにSF要素を入れてくる。『冬の夜空にガラスの円盤』も、タイムマシンで大正時代から来たという中原徹太郎が登場してくる。おとめチックSFの登場である。いい味出しているよな、中原徹太郎。

出典:冬の夜空にガラスの円盤(りぼん1978年2月号)

Twinkle Twinkle あの娘の横顔

『Twinkle Twinkle あの娘の横顔』も陸奥A子のおとめチックSF漫画だ。これは、UFOと超能力とラブストーリーのSF系漫画。陸奥A子、面白し。

出典:Twinkle Twinkle あの娘の横顔(りぼん1980年9月号)

いつのまにか春の色

屋台でラーメン屋のバイトをしている加部と失恋の痛手から夜にパジャマ姿で徘徊するクラスメイトの旬子の心の物語。面白い設定だぞ。陸奥A子の主人公の女の子たちは結構個性的なのである。でも、自分の気持ちに忠実で、素直で優しく行動的でもあるのだ。

出典:いつのまにか春の色(りぼん1977年4月号)
出典:いつのまにか春の色(りぼん1977年4月号)

歌い忘れた1小節  Kindle版:¥440

【揺れる思春期を描く、純情ロマンス】高校生の沙知と蔵太郎は、中学からの親友同士。お互いを特別に思っているが、気持ちを伝えられないでいた。しかし、沙知が1人旅をしたことで2人の関係はギクシャクしてしまい…。陸奥A子が紡ぐ、おとめちっくラブストーリー。 【同時収録】木枯しソングでスキップラララ/マジカルミステリー・インスタントコーヒー


歌い忘れた1小節 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)
出典:歌い忘れた1小説(りぼん1979年9~11月号)

読み切り作品が中心だった陸奥A子の初の連載作品。『歌い忘れた1小説』。

こんぺい荘のフランソワ Kindle版:¥440

絵本作家を目指す楽子は、いつも前向き。夢の為なら極貧生活も苦にならない。恋にも縁遠い彼女だけれど、最近気になる人が現れた…? 【同時収録】まぼろしの銀の匙

出典:こんぺい荘のフランソワ(リボン1981年9月号)

こんぺい荘のフランソワ (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)
出典:こんぺい荘のフランソワ(りぼん1981年3~6月)

陸奥A子ベストセレクション セブンティーズ :¥2,090


陸奥A子ベストセレクション セブンティーズ

1972年18歳の時に『りぼん』10月増刊号「獅子座うまれのあなたさま」でデビューし、1974年6月号「たそがれ時にみつけたの」が『りぼん』に初掲載されると、瞬く間に人気を得て、1980年代にかけて『りぼん』の看板作家として活躍した陸奥A子。

アイビー・ルックを着こなした背の高いメガネ男子や、一生懸命でまっすぐな“かわゆい”女の子が描かれた“おとめチック”な世界は、読者から熱狂的に支持されました。

現在は絶版となっている陸奥A子の作品の中から、1970年代に描かれた選りすぐりの作品を収録しました。陸奥A子の初連載作品「歌い忘れた1小節」では、第1話の冒頭カラーページを全ページ掲載! その他「樫の木陰でお昼寝すれば」や「木枯らしソングでスキップラララ」など、おとめチックな作品が満載です。さらに陸奥A子が同人誌『あず』に描いた貴重な作品「れもんばばろあ色の夢」も特別収録しています!

☆収録作品
・歌い忘れた1小節(全3話)
・おいしい恋グスリ
・雪雪物語
・樫の木陰でお昼寝すれば
・木枯らしソングでスキップラララ
・いつの間にか春の色
・セプテンバーストーリー
・れもんばばろあ色の夢(特別収録)

出典:セプテンバー・ストーリー(りぼん1977年9月号)

天使も夢みるローソク夜

天使を含めて、可愛い過ぎる絵なのであった。おとめチック過ぎるぜ。

出典:「天使も夢みるローソク夜」第3話(りぼん1982年4月号)

ダーリンを探して 1 :¥40

不倫、浮気が描かれているにもかかわらず、さわやかでちょっとせつない、大人になった陸奥A子の世界。


ダーリンを探して 1 (コミックス)

父と母、未婚で家にいる長女・郁子、結婚を夢見る長男・直也。どこにでもある平凡な家族が、次女・数子の「浮気&離婚宣言」で大きく揺れて…。家族それぞれの愛のかたちを描いた連作集!! 表題作他『そこでわたしは考えた』収録!


ダーリンを探して 2 (コミックス)

定年間近の父親に対して、結婚をしていないことに罪悪感を抱く長女・郁子。一方、次女・数子は元・夫と再会し愛が再燃! またもや家族を騒がせて――!? ある家族のさまざまな愛のかたちを描く、連作集第2巻。表題作他5編収録。

出典:ダーリンを探して(『YOU』1999年・2000年)

記憶のダリア 陸奥A子コレクション4:¥440

堂本さんとのせつない恋に生きるミチルと、それを見守る立吉。愛することが、幸福に結びつかない恋人たちを見て、彼が選んだ道とは…!? 生きること、愛することの哀しみと幸福を描く名作集!!


記憶のダリア 陸奥A子コレクション4 (陸奥A子コレクション) (YOUNG YOU漫画文庫)
出典:記憶のダリア(YOUNG YOU1994年1月号)

花花物語 (クイーンズコミックス):¥725

二十代から三十代の女性の悩みや嫉妬や友情や恋愛が柴門ふみ風ではなく、陸奥A子ワールドで、結構切なく描かれていて、最高ですね。大人の女性の為の陸奥A子たんでありました。


花花物語 (クイーンズコミックス)

大学時代からの友人、島谷ヒカリと今井百合子は恋人のいない生活を共に送る32歳のOL。だけど、ヒカリに恋人ができて…。心に響く大人の友情&恋愛物語。表題作他、一編収録。

出典:花花物語(YOU2004年)

陸奥A子のお姉さんを意識しているのか判りませんが、彼女の描く和服美女も素敵なのであった。

出典:『YOUNG YOU(表紙)』(1994年1月号)

わたしの宇宙

閑話休題。少しだけ、陸奥A子の世界に陥ってしまいませう。

出典:「わたしの宇宙」(別冊YOUNG YOU1992年SPRING)

黄色いリボンの花束にして

教会の結婚式で見かけた堀口君にひとめぼれをした黄菜。堀口君は、陸奥A子マンガの特徴である、背の高い優しい男の子である。そして、アイビー・ルック。

出典:黄色いリボンの花束にして(リボン1975年9月号)

西の黄色のラプソディー (KC KISS) :¥985

陸奥A子が青春時代の漫画を描いてくれました。陸奥A子、カムバック!!イイね。陸奥A子ワールド。どんなに時が流れても。

この新しいシンプルな陸奥A子さんの絵柄で、青春時代を描いてくれると、それはそれで、キュンとくるね。この人の才能、半端ねぇっす。


西の黄色のラプソディー (KC KISS)

西のほうの地方都市に住み、放課後の日課は下校途中にあるフードコート通いという仲良し兄妹。そんなふたりの周りは空気も人もどことなくのんびり流れていく…。ついにKissにやってきた! と話題になった去年の雑誌掲載から1年。かつて『りぼん』で育ったあなたに贈る、最新の陸奥A子!!

お分かりだろうか?陸奥A子の漫画はおとめチックと称されるが、とても芯のある女生と男性の物語でもあるのだ。そこには、心の優しさや力強さがあって、癒しもある。イラストを見るだけでキュンとなる。長い年月をも超える。これからも、大事にしていかなくてはならない漫画家のマンガですね。陸奥A子のマンガは懐かしさを遥かに超えていきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました