重版出来!:黒木華

黒木華

とても心のある作品

漫画の映画やドラマ化が近頃の流れであるが、この漫画作品『重版出来!』は、良い意味で映像化に成功した良い作品であった。主人公の名前が心だからではないけれど、この作品の一番の良さは人の心の温かさをうたったところであり、人は時として悪い心を持ったりもするけれど、基本、とても善良で信じるに足りる存在であることを教えてくれるストーリーなのだ。漫画の方にしても、ドラマの方にしても、そういう点が一話ごとに詰まっていて、結構、ほろりとさせやがる憎めない作品なのだ。是非、読むなり見るなりして、心のデトックスをしてもらいたいなと思います。お薦めですね。マジで。

漫画『重版出来!』

自分にとっては、実は、何年も前から読んでいたマンガなのである。漫画業界や漫画家の話が結構リアルに描けているし、主人公の黒沢心の体育会系のスポ根的熱き姿勢も微笑ましく、毎週楽しみに読んでいた面白い漫画だったのである。

「マンガ」は、漫画家だけのものじゃない。編集者、営業、宣伝、製版、印刷、デザイナー、取次、書店員…。数えきれないマンガの裏方たちのリレーで、読者の手に届くもの。そう、裏方の熱き想いがあるからこそ「マンガは売れる」んです!マンガに関わる一人ひとりの人間ドラマをぐいっと描く本作、全ての仕事人へのエール漫画です!!!

内容紹介

ドラマ『重版出来!』

【あらすじ】
柔道一筋で元五輪代表候補だった主人公・黒沢心(黒木華)は、新卒で大手出版社・興都館(こうとかん)に入社。コミック誌「週刊バイブス」編集部に配属された。待ち受けていたのは個性的な編集部の面々。心は、先輩編集者・五百旗頭(オダギリジョー)のもとで編集のイロハを学ぶ。連載担当漫画家との打ち合わせ、新人漫画家の発掘、担当漫画の単行本の部数決定会議、重版出来(じゅうはんしゅったい)させるための地道な活動を目にすることで、この世界に魅せられていく。「私も重版出来させたい! 」意気込む心だが、出版業界の現実は決して甘くない。電子書籍化が進み、紙が売れない今の時代。部数が低下すれば廃刊に追い込まれるし、単行本は3巻までに火をつけなければ厳しいと言われている。ときに時代に取り残された漫画家の再起を考え、営業担当と共に一冊の漫画を売るための秘策を考える。それでも編集部に襲い掛かる難題の数々。看板漫画家の突然の引退宣言、そしてライバル誌「エンペラー」からの引き抜き話。そんな逆境を乗り越えて心ら編集部は、全てをかけて青年誌1位を目指す!

内容紹介

出演陣は、結構豪華でかなりそれだけでも楽しめる作品である。特に、オダギリジョーと黒木華が最高に演技が上手く、その役柄というか人柄に惚れてしまう魅力があったのは間違いない。

★個性的で今、注目を集める超豪華な顔ぶれが実現!
黒沢の指導社員でクールで頼れる先輩・五百旗頭敬(いおきべ けい)役には、日本のみならず国際的映画祭で主演男優賞を数多く受賞しているオダギリジョー。
コミック営業部担当の小泉純(こいずみ じゅん)役に、モデルとして活躍「塩顔男子」という流行語を生み出すほどの旋風を巻き起こし、昨年のTBS金曜ドラマ「コウノドリ」で連続ドラマ初出演を果した坂口健太郎。週刊バイブス編集長・和田靖樹(わだ やすき)役には、「孤独のグルメ」での主演を始め、国内外の舞台、テレビドラマ、映画、CMなどで大活躍の松重豊。この他、個性豊かな週刊バイブスの編集部員役には、安田顕、荒川良々が。そして、興都館清掃員(?)久慈勝(くじ まさる)役に高田純次。さらに、様々な事情を抱えている漫画家役には、小日向文世、滝藤賢一、要潤、永山絢斗。漫画家のアシスタント役にムロツヨシら豪華俳優陣も出演!

商品説明

黒木華

この女優、やはり、存在が気になる。味がある。昭和的とか地味とか純和風的とか言われるけれど、舞台出身ということもあるだろうが、独特のその可愛らしい雰囲気と演技で、とてもスンナリとこっち側の心に入って来れる女優である。

お笑いが好きということらしいが、この重版出来の黒沢心役でもコメディアンヌの実力を十分に発揮してくれていた。何とも言えない、ほっこり感が温かった。

そういう観点からいくと、『凪のお暇』の凪役もそういう人物であったね。この女優も息の長い役者になっていくことは間違いない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました