妻に捧げた1778話

ヒューマンドラマ

妻に捧げた1778話(新潮新書) Kindle版

妻をどう愛していくか。夫婦の在り方とは。小説家なりの愛情の仕方。

病気の妻に1日1話

人気テレビ番組の「アメトーーク! 」には、“読書芸人”という企画があり、芥川賞作家になる前の又吉直樹など本好きの芸人がそれぞれの推薦本を紹介してきた。そこで取りあげられた本は確実に売り上げを伸ばすとあって、書店も放送後に店頭の陳列を変えるほど影響力をもっている。

眉村卓『妻に捧げた1778話』は昨年11月、同企画でカズレーザーが取りあげ、「15年ぶりに泣いた」とコメント。冷笑的な芸風の彼に似つかわしくない感想が反響を呼び、2004年に発売されたこの本が俄然、新たな読者を増やしている。

末期がんを宣告された妻のために、1日1話ショートショートを書く。原稿用紙3枚以上、病人の神経を逆なでしない題材で、固有名詞はなるべく使わず、どこかで日常とつながっている、商業誌に載ってもおかしくないレベルの作品を──作家として難儀な制約を自ら課し、眉村は1997年7月16日から書きはじめる。そして1日たりとも途切れることなく書きつづけ、妻が亡くなった2002年5月28日、遺体がもどった自宅で最終回となる1778話目を書いた。この本にはその中の19篇と結婚生活をふり返るエッセイが収まり、人と人とが共に生きていく要諦を伝えている。

〈生きる根幹、めざす方向が同じでありさえすれば、それでいいのである〉

とはいえ、「生きる根幹、めざす方向」が同じ相手と夫婦になるのは難しい。だからこそ眉村にとって妻・悦子は、文字どおり絶対的な妻だった。その思いが最終回の最終行を眉村に書かせ、10余年ぶりに再読した私の胸をまた、つまらせた。

メディア掲載レビュー

僕と妻の1778の物語 スタンダード・エディションBlu-Ray 

この眉村卓の小説というかショート・ショートを映画化したのが、『僕と妻の1778の物語』だ。草彅剛と今は亡き竹内結子が映画『黄泉がえり』以来の共演をしている。『僕と妻の1778の物語』は、二人の自然体のような演技が逆にとても愛情深く感じられる作品であった。草彅剛の❝僕シリーズ❞の映画作品でもあったが。

哀しいテーマであるが、現実に別れなくてはならない生と死の境目にあったのなら、このような別れ方が出来れば良いと思えるような温かい作品である。多分、Prime Video等で無料に近く観れるはずなので、是非、ご鑑賞下さい。

★【草彅 剛主演最新作!】
主演は公開同時期に主演ドラマがスタートするなど絶好調のSMAP草彅 剛!
★【豪華共演陣!】
草彅とは03年の大ヒット作「黄泉がえり」以来の再共演となる竹内結子がその妻を演じる。その他に谷原章介、吉瀬美智子、
陰山泰、大杉漣、風吹ジュンなどなど、実力派キャストが集結!
★【「僕シリーズ」最新作にして初の映画化!】
本作は「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」の通称”僕シリーズ”最新作にして初の映画作品!
3作同様、草彅 剛が主演を務め、「笑の大学」「世にも奇妙な物語」の星護がメガホンをとった!
★【奇跡と感動の実話がベース!】
SF作家眉村 卓と悦子夫人の、愛と奇跡の実話がベースとなっている。

セールスポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました