『君の瞳が問いかけている』を追いかけて:武道家編

ヒューマンドラマ

武道家である横浜流星

彼の武道家としてのレベルの高さを感じさせるニュースや情報が巷に流れ始めている。

『君の瞳が問いかけている』の撮影のために、肉体を10キロ増量させ、キックボクシングの練習を1ヵ月以上したようである。

横浜流星の映画のメーキング映像をみても、とても増量したとも思えないほど、鍛えられた体がそこにある。

そして、彼の肉体は、まさに、静の向こうにある動。美の極み。

映画のための肉体改造

横浜流星の映画に向けての体の鍛え方などについて、テレビ等で話題になっている。

ストイック な肉体改造 ! 横浜流星
#横浜流星 #吉高由里子 #初公開

肉体改造をしたことをメーキング映像と一緒に、テレビのモーニングショーで伝えられている。

例えば、「めざましテレビ」では、エンタメ担当の軽部真一が話をしている。

軽部真一から、筋肉評論家(?)と名指しされた永島キャスターが、横浜流星の脇の辺りの筋肉の凄さを褒め称えているという場面もある。

というよりも、このキックボクシングのメーキング映像だけをみても、横浜流星の武闘家としてのレベルの高さは尋常ではないね。

普段の優しい姿から一転してこの迫力ある激しいキックと打撃。そのギャップが、凄すぎる。

「うれしかった」極真空手の宿敵と映画共演 : 日刊スポーツ

日刊スポーツの記事が詳しい。かつて、横浜流星が若き極真空手家時代、共に戦うこともあったキックボクサーとなった与座優貴と、この映画を通じて、再会することになるのだ。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 横浜流星(23)が、主演映画「きみの瞳が問いかけている」(三木孝浩監督、10月23日公開)の劇中で、極真空手で世界一になった当時のライバルと共演したことが23日、分かった。 横浜が演じたキックボクサー塁の対戦相手を演じた与座優貴(22=橋本道場)は、キックボクシングの大会「KNOCK OUT」などで活躍する現役選手。横浜は2011年11月の極真会館主催の「第7回国際青少年空手道選手権大会」13・14歳男子55キロの部準々決勝で与座に勝ち、優勝し世界一となった。横浜は「与座君とは極真時代に1度戦ったことがあり、戦友と違った形で会って共に作ることが出来たことが、うれしかったです」と喜んだ。 横浜は撮影にあたり、1カ月かけてキックボクシングのトレーニングを行った。「キックボクシングで必要な筋トレをキックボクシング指導の山口さんやプロの選手の方々に教えて頂き、10キロほど体重を増やしました」と肉体改造を振り返った。 加えて、手、ヒジによる顔面への攻撃が認められるなど、極真空手とはルールも技術も違うキックボクシングの技術の習得にも取り組んだ。「空手とは全く体の使い方が違うので、一からパンチ、蹴りの打ち方を学びました」。格闘シーンでは、空手で磨いたキレのある上、下段蹴りはもちろん、顔面へのフック、回転肘打ちからのKOシーンなど、現役キックボクサーさながらの技術を披露し、迫力のシーンを演じた。 横浜の対戦相手は、16年に旗揚げし“神童”那須川天心(22)ら実力派キックボクサーも参戦歴があるキックボクシング大会「KNOCK OUT」の選手、与座が務めた。兄弟キックボクサーの小笠原裕典・瑛作、栗秋祥梧、炎出丸といった、大会を代表する選手たちの1人して与座も名を連ねた。 横浜は、「第7回国際青少年空手道選手権大会」13・14歳男子55キロの部で優勝後、俳優の道に進んだ。一方、与座は16年に極真会館主催「第33回全日本ウェイト制空手道選手権大会」軽量級で優勝すると、翌17年にも同「第6回全世界ウェイト制選手権」軽量級を制し、世界王者となった。18年の第35回全日本ウェイト制選手権では中量級に階級を上げて準優勝したが、19年にキックボクシングに転向。それぞれの道でステップアップを続ける2人がスクリーンで再会した。 横浜が中学3年で世界一になった時、与座は中2、那須川は中1で、ともに練習会 …

日刊スポーツ記事及びYoutubeコメント

横浜流星のストイックな肉体美!

プロのキックボクサー達が絶賛する横浜流星の運動神経の良さ。空手と体の使い方が違えど、キックボクシングの蹴りの打ち方やパンチを早期に習得した彼の武道家魂。

与座優貴(橋本道場)と横浜流星(塁役)のコメントは、次の通りだ。

「自分は以前、横浜さんが世界一になった大会で対戦して敗れているという過去があり、横浜さんが芸能界で活躍されておりとても刺激をもらっていました。そして自分自身世界王者になり、映画の舞台で再会することができ非常にうれしく思います。今後もステージは違いますが、横浜さんの活躍に追いつけるよう精進していきます。本作の横浜流星による本気の役作りで挑んだアクションシーンは、KNOCK OUT(ノックアウト)のプロキックボクサーが相手だからこその圧倒的なリアリティで本作をより盛り上げます!人を想うことの大切さが問い直されるこの時代に贈る、あまりにせつない純愛ラブストーリー『きみの瞳が問いかけている』は10月23日全国公開!ぜひ、ご注目ください」

与座優貴(橋本道場)

「(役作りについて)1か月かけて、キックボクシングで必要な筋トレをキックボクシング指導の山口さんやプロの選手の方々に教えていただき、10kgほど体重を増やしました。キックボクシングは、空手とはまったく身体の使い方が違うので、一からパンチ、蹴りの打ち方を学びました。(ボクシングシーンの撮影について)表の試合も裏の試合も基本は明香里を思い、それを活力に塁として生きました。ただ決定的に違うところは”覚悟”です。表の試合は幸せが描かれていますが、裏の試合は自分に光を与えてくれた明香里のために、悩み、たどり着いた先に出た答えが、自分の命を賭けてでも、明香里に光を取り戻すことで、ただでは帰れない、もしかしたら死ぬかもしれない、という緊迫した雰囲気の中、命をかけて全力を尽くしました」

横浜流星(塁役)
横浜流星のストイックな肉体美!『きみの瞳が問いかけている』場面写真解禁 - Ameba News [アメーバニュース]
『思い、思われ、ふり、ふられ』(公開中)などで知られる恋愛映画の旗手、三木孝浩監督がメガホンをとり、吉高由里子と横浜流星がダブル主演を務めるラブストーリー『きみの瞳が問いかけている』(10月23日公開)。同作より、ストイックな役作りで作り上げられた横浜の肉体美と、プロのキックボクサーを相手に迫力満点のファイトシーンに挑...

【公式】『きみの瞳が問いかけている』10/23(金)/本予告

こんな武道家である横浜流星の姿を見ていると、この映画『きみの瞳が問いかけている』は多分、日本における最高の純愛作品になるのではないかと期待してしまう。

強いからこそ強く見せない。強いからこそ本当に優しい。強いからこそ弱い人のために生きる。強いからこそ自分を後にする。無償の愛。

そんな心根のある横浜流星にとって、この映画は、きっと、記念となる作品になるだろう。

そして、ヒロインが吉高由里子であったことにも、感謝したい。良き女優だ。

【公式】『きみの瞳が問いかけている』吉高由里子×横浜流星 恋愛映画史を涙で塗り替える、最高純度のラブストーリー/10/23(金)/本予告
吉高由里子×横浜流星×三木孝浩監督 あなたに届けたい、息もできないほどの純愛。 本作でW主演を務めるのは、華やかな存在感と数々の賞に輝く確かな演技力で、今や日本のトップに立つ女優、吉高由里子と、2020年のエランドール賞や日本アカデミー賞新人俳優賞に輝き、エンタメ界に嵐を巻き起こしている横浜流星。恋愛映画の旗手・...

あなたに届けたい、息もできないほどの純愛。 本作でW主演を務めるのは、華やかな存在感と数々の賞に輝く確かな演技力で、今や日本のトップに立つ女優、吉高由里子と、2020年のエランドール賞や日本アカデミー賞新人俳優賞に輝き、エンタメ界に嵐を巻き起こしている横浜流星。恋愛映画の旗手・三木孝浩監督のもと、吉高は目が不自由という難役に、横浜は世界大会で優勝したこともある空手経験を活かした天才キックボクサー役に挑む。主題歌を担当するのは、世界で活躍しているBTS。映画の主題歌提供は初めてとなり、完全書き下ろしの歌詞と美しくも切ないメロディーが映画の世界観を彩っていく。 究極の愛の末に、2人が選んだ結末とは―― いま観客から最も観たいと切望される2人の、あまりに切ない純愛ラブストーリーが誕生した。

ギャガ公式チャンネル

横浜流星写真集『流麗』

コメント

タイトルとURLをコピーしました