2021-02

小説

庄司薫について考える②:白鳥の歌なんか聞えない

庄司薫という不思議な存在の小説家について考える。その2回目。『白鳥の歌なんか聞こえない』。若さと死と時代と。
伊藤健太郎

伊藤健太郎の研究整理(18回目までの記事編)

伊藤健太郎の記事の整理の3回目。今回は、第13回から第18回目まで。事件前後の記事。事件に関する私見あり。それ以外は、「東京ラブストーリー」とMV・PV編。
新・信長公記

その後の『新・信長公記 ノブナガ君と私』

新・信長公記は、歴史の予想を全く裏切り、斬新な展開をし始めちゃっているぞ。面白い。考えてみれば、日本戦国時代の歴史も言ってみれば、この高校での頭取り争いと同じであったのだ。ちょっとしたパズルの組み合わせの違いで世界は豹変する。だから、歴史を考えることは面白い。
伊藤健太郎

伊藤健太郎研究の整理(12回目までの記事編)

伊藤健太郎の記事の整理の2回目。今回は、第7回から第12回目まで。映画は「宇宙でいちばんあかるい屋根」。ドラマは「スカーレット」。そして、CMとMVとラジオ「オールナイトニッポン」。
2021.02.14
伊藤健太郎

伊藤健太郎研究の整理(6回目までの記事編)

伊藤健太郎関連記事の一部整理を行いました。まずは、6記事を載せました。イメージ論的なことも。
峯田和伸

峯田和伸を追って

銀杏Boyzの峯田和伸の俳優としても存在感大きい。彼の出ている映画は殆どがB級映画であるが、その遅れてきた青春ストーリーが何故か面白い。
タイトルとURLをコピーしました